漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーと漢方

今日はバレンタインデーですね。

バレンタインと言えば・・・・

「チョコレート」

ですよね。

このチョコレートの魔法を知っていますか?

それは、

媚薬の作用があるのです。

チョコレートには恋をした時に彼を見てドキドキしたり、
ぽーっとしたりしてしまう恋愛感情を引き起こす脳内ホルモン

「フェネチルアミン」

とう恋愛化学物質が含まれており、
更に性欲を掻き立てる催淫効果もあることが分かっています。

マヤ・アステカ文明では滋養強壮としてカカオ豆をすり潰し液状にしたものを飲んでいたようです。

のちにカカオがヨーロッパに渡った時にカカオには
疲労回復、興奮剤、媚薬の効果を持つことが分かり、
その後は薬としても飲まれるようになったという歴史があります。

媚薬として使われるチョコレートですが、
漢方薬の中にも媚薬が何種類かあります。

媚薬と言われるものは、とてもいい香りがあります。

西洋では香りの文化はパリから始まりました。

特に、南仏のグラースが有名です。

日本では香りの文化として香道があります。

香道で使われるものに「沈香」(じんこう)があります。

この沈香の最上の品質のものが「伽羅」(きゃら)です。

その他に「麝香(じゃこう)」「白檀(びゃくだん)」

「乳香(にゅうこう)」「没薬(もつやく)」「丁字(ちょうじ)」

などがあります。

「香り」という実態のつかめない、
それでいて宝石のような秘めた魅力をもつため、金よりも価値が高いものでした。

キリストが生まれた時に東から3人の博士が誕生の祝いとして持参したのが

「乳香(にゅうこう)」「没薬(もつやく)」「金」

でした。

シルクロードから日本に持ち込まれたこれらの香りは、
仏教儀式や僧侶達によって薬として用いられていましたが、
平安時代には、その他に香りをたしなむ「薫物」(たきもの)の文化が生まれました。

あたりに薫りを漂わす「空薫(そらだき)」や衣装に薫りをうつす「薫衣香(くぬえこう)」 

「匂い袋」を身に付けたり身体から薫りを発散するために内服もしました。

平安文学の代表作「源氏物語」の中には、女人達がそれぞれ独自のブレンドを競い合う

「香あわせ」(組香)

の場面もあります。

そして室町時代に入ると、それまでの趣味としての「香」が、「茶道」の広まりと共に

「香道」

という芸道のものとなりました。

「香道」では、香りを「嗅ぐ」ではなく「聞く」と言います。

この「香りを聞く」というと何か変な感じがしますが、

漢方の診断の一つに

「聞診(ぶんしん)」

というのがあります。

これは患者様の体臭や口臭を嗅ぐことを意味します。

患者様の話を聞いて診察することは

「問診(もんしん)」

といいます。

なぜ、耳で聞くことが「問診」で匂いを嗅ぐのが「聞診」なのか?

「聞」という漢字には、

門のように閉じている狭いすきまを通して分らないことを「キキ」だす、
つまり、姿は見えないが声が「キコエル」という意味があります。

つまり、「聞く」とは、感性を研ぎ澄ませて感じ取ることです。

香りも同じように感覚を働かせて嗅ぎ分けるので、

香りを「かぐ」ことに「聞く」という字を当てたのかも知れません。

辞書には、

「聞く」=「感覚を働かせて識別する」

という意味も載っています。

酒の良し悪しを味わって試すことを「聞き酒」

お茶の産地や銘柄を味わい分けることを「聞き茶」
といいますよね。

普段、何気なく使っている五感ですが、

一つ一つの感覚を研ぎ澄ませることで、言葉では表現できない世界を

読み取ることができるのだと思います。

現代は、あまりにも目に見えることを重視しすぎています。

本当に大切なことは、目に見えない世界にあるでのではないかと思います。

目に見えない世界に踏み込むには、
我々が持っている五感を研ぎ澄ます必要があると思います。

みなさんは、明日の朝、窓を開けて風の匂いを聞いてください。

そして風の音を聞いてください。

肌で風を感じてください。

ちょっとした意識を傾けることで、今日一日、幸せに過ごせると思います。

それでは、みなさんHappyバレンタインをお過ごし下さい!

咳の風邪に効く漢方

みなさん、いかがお過ごしですか?
今日はどんな一日でしたか?

春は三寒四温といって気温が変化しやすく
体調も崩しやすいので気をつけてください。

それでは、前回の続きをお話したいと思います。

咳の風邪も2つのタイプに分けて考えます。
つまり

「寒タイプ」

「熱タイプ」

です。

寒タイプの咳風邪とは
冷えの症状が全面的に現れている場合の咳風邪です。
具体的には、寒気が強い、鼻水、鼻づまりなどがあって咳や痰がある場合です。

また、重要なポイントとして排泄物の状態を観察することです。

つまり、寒タイプの鼻水、痰は、サラサラ、水の様です。
また、温めると症状が緩和したり楽になることもポイントです。

熱タイプの咳風邪とは
熱の症状が全面的に現れている場合の咳風邪です。
具体的には、発熱、喉の痛み、喉の乾燥、鼻づまりなどがあって咳や痰がある場合です。

熱タイプの鼻水や痰はネバネバ、ベトベトして色がついています。
また、冷やすと楽になったり、冷たいものを好みます。

このように「寒」と「熱」に分けて考えることは
特に難しくはないと思います。

大切なのはイメージで捉えることです。
初めは言葉で理解して、イメージで捉えるのが大切です。

寒タイプの咳風邪の処方としては

1、 麻黄湯(まおうとう)

クラシエ「クラシエ」漢方麻黄湯エキス顆粒45包【第2類医薬品】【ドラッグピュア】



2、 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

クラシエ 小青竜湯エキス顆粒 45包[クラシエ 鼻水の薬 顆粒・粉末 ケンコーコム]【第2類医薬品】



などがあります。
これらの処方には体を温めて汗を出す麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)が中心となっています。

寒タイプの風邪には葛根湯もありますが、
咳中心の風邪には葛根湯はおすすめしません。

葛根湯は風邪の引き始めで
悪寒、発熱、頭痛、肩こりがある場合に使います。
また、葛根湯を続けて服用していると
他の症状は良くなったが咳だけが残る場合もあるので
気をつけてください。

熱タイプの咳風邪の処方は
1、 麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

【5.250円以上送料無料】ツムラ麻杏甘石湯エキス顆粒24包【第2類医薬品】【smtb-k】【YDKG-k】【kb】【1koff】



2、 五虎湯(ごことう)

クラシエ 五虎湯エキス顆粒A 2.0g×10包【第2類医薬品】



3、 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

JPS漢方-2 越婢加朮湯「えっぴかじゅつとう」エキス錠 260錠【送料無料】【第2類医薬品】【4987438060263】



などがあります。
これからの処方には体の熱を外に出す石膏が中心となっています。

実際には、寒と熱をはっきり分けることは難しいです。
つまり、寒と熱が混在している状態です。

サラサラした鼻水、咳が出ているのに、暑がって喉が渇いている状態です。
このような時は
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)に桔梗石膏(ききょうせっこう)を合わせて服用します。

クラシエ 小青竜湯エキス顆粒 45包[クラシエ 鼻水の薬 顆粒・粉末 ケンコーコム]【第2類医薬品】



☆送料・代引き無料!JPS-08 桔梗石膏(ききょうせっこう)エキス錠 200錠【第2類医薬品】




ちょっと難しかったかもしれませんが、
一応、このような処方があると言うことは知っていて損はないと思います。

代表的は処方として

寒タイプでしたら「麻黄湯(まおうとう)」

熱タイプでしたら「麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)」

の2種類をまず覚えておいたほうがいいです。
これはドラックストアで手に入ると思います。

風邪を引いてこじれると、咳がひどくなる場合があります。
特に、夜中に咳き込んで眠れなくなる場合もあります。

そのような場合は

「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」

ツムラ漢方 麦門冬湯(ばくもんどうとう)エキス顆粒 32包【第2類医薬品】



を服用してください。
この処方は、喉、肺を潤す生薬が含まれています。
ですから、咳の状態はコンコンとした乾いた咳で痰は粘り気があります。
また喉の乾燥も感じられます。

その他に
「養陰清肺湯(よういんせいはいとう)」のシロップ
もおすすめです。

養陰清肺シロップ 150ml『第2類医薬品』



このシロップを付属のキャップを使って、少しづつ喉を潤すように飲むのがいいです。

黒豆の煮汁も喉の痛み、咳に効果があります。
煮汁は手に入りにくいので、飴がおすすめです。

黒豆のど飴



ただし、咳がひどいときはマイコプラズマ肺炎などの可能性もありますので、
治らない場合はすぐに病院を受診して検査を受けてください。

以上、簡単に紹介しました。
分かりやすく説明したつもりですが、読んでいて分からないことがありましたら
相談してください。

それでは、みなさんHappy Lifeをお過ごし下さい!

成功曲線

みなさん、いかがお過ごしですか?

建国記念日でお休みの今日は、ゆっくりとした朝を迎えていると思います。
連休の時は、普段の日曜日とは違って、
まとまって自分の時間がとれるので、思い切って何かに
チャレンジする時間にしたいですね。

私も、有意義機に時間を過ごしたいと思います。

私は休みの朝は必ず読書をしますが、
今日読んだ本に感銘を受けました。

その本は

「成功曲線を描こう」

です。

簡単に言うと、
成功するには

「一流の人間」
になることです。

一流の人間とは

「何度あっても、また会いたくなる人」

です。

自分は一流にならない限り、
人も引き付けないし、成功もできないということです。

一流になるには成功のオーラを身につけることですが
成功のオーラを身につけるには

ビジュアリゼーション

アファメーション

して行動することです。

成功もまずは一歩から始まりますが
行動するには、具体的なイメージ(ビジュアリゼーション)、目標が必要です。

目標には、将来の目標と現実的な目標の2つがあり、
そのバランスが大切です。

将来の目標を置きながら、実際に今、やるべきことに落とし込んいき、
あとは、それを毎日続けるだけです。

毎日小さな事を続けるには努力が必要ですが、
それには、努力を楽しまないといけない。

楽しむためには、自分を励ますための
アファメーションが必要になります。

そして、楽しんで努力していくうちに
ある瞬間、

「これなら成功できる!」

と感情的に理解できるようです。

感情的に理解したとき、成功を確信したとき
「成功曲線」が描けるということです。

この本を読んで、思ったことは、

誰でもが成功できるということ、

そして、それには将来の目標とそれに見合った今やるべきことに、
ひたすら全力で取り組む事です。

小さな努力は、馬鹿にしちゃいますが、
小さな努力ができない人は
大きな成功もできないのだと確信しました。

みなさんも、成功したい人は
ぜひ石原明さんの
「成功曲線を描こう」
をおすすめします!



春節

みなさん、いかがお過ごしですか?

今日は日曜日、自宅でゆっくりリラックスしながら
自分の時間を過ごされていると思います。

今日は旧暦のお正月と言うことは知っていますか?

沖縄では地域によっては、旧正をお正月としてお祝いします。
中国や東南アジアでも旧正を盛大にお祝いします!

中国の正月を

「春節」

といいます。

かつては日本も“年越し”といえば、旧正月のことだったのですが、
明治維新後、政府が太陰暦を太陽暦に変えてから、元旦に正月を迎えるようになったのです。

広大な中国なので正月で食べるものも地方によって違います。

北京を含む中国北方の正月で食べるものは餃子
日本ではお節料理ですが、中国では北方では餃子なんですね。

ちなみに中国で餃子といえば水餃子のこと、焼き餃子は「鍋貼(ゴーティエ)」と言います。
残った水餃子を焼いて食べたのが、焼き餃子の始まりです。
e911d79b水餃子


この餃子は大晦日「除夕」から家族が集まって作ります。
年越しに餃子という習慣は明の時代ごろから始まりました。
この餃子の形が金子や銀子に似ていて縁起が良いからと言われています。

春節当日から5日間かけて餃子を食べるのが伝統的な習慣なのですが、
最近物質的に豊かになった北京など都市部では、毎日餃子だけを食べ続けるようなことはないようです。

次に、米を主食とする南方ですが、餃子の代わりに湯圓(タンユエン)を食べます。
湯圓とはトロッととろける餡子やゴマ、ピーナッツなどの具入っている白玉の団子の入ったスープです。
e0252497_12552779湯圓

満月のように丸く、銀元(昔のお金)のように白く、また発音が団圓(トアンユエン)に近いことから、家族団欒・幸せのシンボルとされています。

日本で正月の飾り付は「しめ縄」「門松」ですが、
中国の春節の飾りつけは、赤、黄、ゴールドをメインとした派手な飾りをします。
日本の正月の侘び・寂びを意識したものとは対照的です。

春節飾りの代表的なものは「福字」「春聯(しゅんれん)」などがあります。

「福字」とはその名のとおり、赤地に「福」と書いた飾り物で、家の門や壁に貼ります。
この「福字」逆さまに貼ることもあります。

20111213_40f85853f8a89264c65453EyxC11owYE福字

なぜかというと「倒」と「到」の発音が同じことから、「倒福(福が逆さま)」=「到福(福が訪れる)」の意味を表すからです。

鳥のフクロウも漢字で福楼と書き、
「福」の字は上下逆さまに書くことがあります。
これも中国語で「逆さまの福」の読み方が、「福が来る」の読みとまったく同じため、
福の字を逆さまにする=福が来るで縁起 がよいとされています。

また「不苦労」「福朗」と掛けてることで縁起を担いだり、
首がぐるっと回ることから、見通しが利く=商売繁盛の意にもなるようです。

縁起物のフクロウの話が出たついでですが、
闇を支配すると言われているドラキュラで有名なコウモリですが
中国語では「蝙蝠」と書きます。
この「蝠」の字は「福」と同義で、
「変福(福に変わる)」と発音が似ていることから
長寿で福を呼ぶ動物と考えられていました。

ちなみに、コウモリの糞は漢方薬で
「五霊脂(ごれいし)」といいます。名前からして霊力がありそうですよね。

縁起物として、フクロウ、コウモリと来ましたが
金魚も縁起物として有名です。

中国語で「金余(お金が余る)」「金如(お金が意のままに)」と同じ発音で
金運を招く魚として信じられています。
風水では「動きのある水=活水」が金運を促すといわれており、
「金魚が水を動かす」ということは風水的にも金運アップにつながるようです。

春節飾りの続きですが、
春聯(しゅんれん)は対句の一種で、家の門や入り口に貼ります。

chunlian1.jpg


そこには新しい年を祝い、豊年を祈り、商売繁盛、人が健康であることを祈る言葉などが書かれています。

春節の夜は、町のあちこちで爆竹や花火が上がります。
中国では古くから魔よけなどとして、年越しの晩に爆竹を盛大に鳴らし、
花火を楽しむ習慣があるのです。
新年を迎えると、町中の人々が一斉に爆竹や花火を打ち上げ始めて祝います。

中国にも日本のお年玉と同じような「圧歳銭(ヤースイチェン)」というものがあります。
91225132圧歳銭

中国において年女・年男は厄年にあたり、春節から一週間は全身赤い服を着て、
外出せずに過ごすという風習があります。
時代と共にこれを守る人も減ってきましたが、特に重要視されている赤い靴下だけは履くようです。

中国=赤というイメージが強く、
赤=共産党という風に考えてしまいますが、
赤色にはおめでたい、縁起物としての赤という意味も込められているようです。
chinany003春節
それでは、みなさん旧正の日をHappyにお過ごし下さい!!

漢方の「みる」とは?

みなさん、いかがお過ごしですか?

今日は土曜日、
自分だけの時間をゆっくりすごされていると思います。

週末だけは、仕事のことは脇において
普段はあまり意識しないことを意識してみることは
とても大切だと思います。

つまり、意識しないこととは

普段は読まない分野の本を見てみる
普段は歩かない道をあるく
普段行かない店に行く
普段は使わない言葉をしゃべってみる
普段は見ない映画を見てみる
普段は作らない料理を作ってみる



などなど、意識しないことを意識して行動をすることです。
ちょっとした自分に変化をつけることです。


今日、私がFBをチェックして気が付いたことがあります。

それは

「みる」

ということです。

この「みる」という記事に刺激を受けて、普段は意識しない「みる」について、
漢方と絡めながら考えてみました。

漢方で診察するためには、患者様の様子を観察することから始まります。
ただ患者様を診るのではなく、
時間的、空間的にすべての方向で見るということです。

時間的とは、
患者様がどこで生まれ、育ち、どこの学校に行って、どのような事をしてきたのか?
そして現在何をして生活しているのか?
時間軸で過去から現在までの歴史的な事実を見ていきます。

空間的とは
患者様が育った家庭環境や学校、職場の環境などを見ます。またその環境での人間関係をも見ていきます。
つまり、環境から患者様を診ていきます。

一人の患者様を診るといっても
3Dのように立体的に診ていきます。

そこから、将来、起こりそうであろう可能性が見えてきます。

この様に書くと、占い師(沖縄だとユタ)とか、いんちき詐欺師のように聞こえるかもしれませんが、漢方に従事していると、患者様の背景や性格、行動が分かるようになります。
これは、人間の観察を通して身につくものです。

人間の生活環境は、めまぐるしく変化しますが、
人間そのものは昔と大きく変わりません。
そのため、昔から人間の観察から得られたデータは現代でも十分に通用します。

東洋医学では、過去からの膨大な観察から得られたデータを体系化して、
ある一定の人間のパターンを見つけました。
そのパターンに当てはめていけば、ある程度の予測はつきます。

ただ「みる」といっても、
「観る」
「診る」
「看る」
「視る」
「見る」

があります。

同じ「みる」という言葉でも、状況によって意味するところが違います。

診察で使う「みる」は「診る」です。
この「診る」は感じ取ることでもあるので、感性も必要です。

私は漢方に出会って患者様を「診る」ことを通じて
「みる」の違いが分かりました。

そして、相手を通して自分のことも見えてきました。

ここまで来て振り返ると、患者様を知ろうとしていたことは、
実は自分を知ることに繋がっていたことに気がつきました。

みなさんも、ぜひ「みる」力をつけて、

相手を「みたり」
自分を「みたり」
周りを「みたり」

して欲しいです。

メルマガもやっています。健康について漢方的な視点から、わかりすく書いていますので
ぜひ読んで「みて」ください!

メルマガ購読・解除


 


それでは、みなさん素敵な週末をお過ごし下さい!!
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。