漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国映画(1)

今日は、どんな一日でしたか?
楽しいこと、辛いことなどあったかもしれませんが、
一日の締めくくりとして私のブログを見て
ティータイムしてください。

以前に漢方を知ることは自分を知ることだといいましたが、
別に漢方知らなくても自分を知ることが出来ると思います。

旅に出るとか、やったことのないスポーツに挑戦するとか、過去の偉人の本を読むとか
色々あります。
とにかく、人は自分の経験でしか考えられないので、思考の枠を広げていかないといけません。
ですから、経験したことのないことに挑戦するのが一番です。

こう書くと、言葉では分かるけど・・・・中々重い腰があがらない・・・

そうなんです、誰でも知らないことを経験するには、自分にブレーキがかかってしまいます。
そして、自分で言い訳を考えてやらない方向にもっていくのです。
(本当はやったほうがいいと、うすうす感じているのにもかかわらず・・・)

そこで、急に自分の行動を変えようとすると、ブレーキがかかるので

小さなアクション
小さなきっかけ
をつくっていきましょう。

お勧めが、映画を見ることです。

それも、今まで見たことのない国の映画です。

たとえば、中国、インド、イラン、韓国、フランス、イタリア映画などです。

私は漢方を勉強してから中国映画の魅力にはまってしまいました。

もし、みなさんが中国映画を見たいのでしたら、
まずお勧めするのが

「初恋の来た道」

デビューしたての、チャンツィイーがかわいくて一目見て好きになりました!
この映画の監督が、北京オリンピックの開会式の舞台監督を務めたチャン・イーモウです。

この映画を映画館で見たのですが、涙が止まりませんでした。
嘘で無いです!日本映画でも涙したことないのに、初めて見た中国映画で
泣いてしまったのは驚きでした。

今は物があふれ自分の欲求を満たすことしか考えない世の中ですが、
この映画では、物より人の心の大切さを教えてくれました。
今の日本映画にはない、純粋な感動がここにあります。

「初恋の来た道」が好きになりましたら、
同じチャン・イーモウ監督の

「あの子を探して」
「至福のとき」


がお勧めです。

それでは、みなさん芸術の秋を中国映画で楽しんでください!


スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。