漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな祭りと漢方

みなさん、いかがお過ごしですか?

薬剤師の加藤です。

昨日はひな祭りでしたね。

女の子がいる家庭では、
ちらし寿司や甘酒、ひなあられでお祝いをしたと思います。

3月3日は「桃の節句」とも言われますね。

旧暦では桃の咲く時期で、その花を活け、桃の種
である杏仁(きょうにん)の湯を飲んでからだを清めたそうです。

実は、杏仁は、漢方薬として利用されます。

その効能は

咳を止めたり、便通を良くしたりする効果があります。

また、古事記には桃には邪気(病気の原因)を追い払う力があり
桃の身を投げで鬼を追い払うことが書かれています。

桃の葉は、あせもやかぶれに効果があり、
入浴剤やローションとしても使われています。

ひな壇にお供えする菱餅(ひしもち)も
実は漢方薬が使われているんです。

緑色・赤色・白色の3つを重ねていますが、

この色には

緑色は、ヨモギ(艾葉)
赤色は、クチナシ(山梔子)
白色は、菱(ひし)の実

の漢方薬が使われています。

また、菱型をしている意味は魔よけの効果があると
言われています。

ひな祭りもよくよく見てみると漢方と関係していることが
わかると思います。

昔から続く文化、風習には何かしらの意味があります。

今では儀式が形式化してその意味するとが失われていますが、
今一度、じっくり考えてみる必要があると思います。

みなさん、春は気温が変化しやすいですので体調管理には
十分気をつけてくださいね!

今回のブログはいかがでしたでしょうか?
心に響いた方は下のバナーをクリックしてくださいね!


にほんブログ村 健康ブログ 中医学へ
にほんブログ村

またメルマガも大募集しています!

メルマガ購読・解除


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。