漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹の風邪に効く漢方!

今日メルマガを発行しました!

タイトルは

「漢方で診る体質とは?」

です。

体質といわれても、あまりにも漠然として
なかなかつかみ取れないですよね?

その体質ということを
漢方の切り口でどういう風に理解するのか?

簡単に分かりやすく書いていますので、
まぐまぐのホームページから
「漢方でHappy Life」と検索していただけると購読できます。

もちろん、無料ですのでよろしくお願いします。
http://www.mag2.com/

暦の上では春ですが、
気温が変わりやすく風邪を引きやすい季節です。

今年は

「お腹の風邪」

が以外にも多いような印象を受けます。

お腹の風邪を漢方的に見ると
どうなるかはアメブロを見てください。

http://ameblo.jp/sk-3106/

このブログでは具体的な処方について説明していきますが、
先にアメブロを見て漢方的な理解を深めてください。

アメブロを読んだ後で
これから述べる処方を見ていただけると
イメージしやすいと思います。

お腹の風邪でよく使われる処方として

「五苓散(ごれいさん)」

があります。

ツムラ漢方 五苓散(ごれいさん) 24包【第2類医薬品】【5,250円(税込)以上のお買い上げで、送料無料!】



この処方は、お腹に溜まった水分の代謝を促し、
腎臓に取り込み、尿として体外に排出する働きがあります。

漢方薬が効いた目安になるのは
排泄がよくなることです。
五苓散(ごれいさん)を服用して
尿の出が良くなれば、効いた証拠です。

その他には、

「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」

という処方もあります。

ツムラ漢方(1014)半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)エキス顆粒 24包(12日分)【第2類医薬品】



この処方は湿邪に熱が加わった「湿熱邪」に使います。

湿熱邪を引き起こす飲み物は何か?

それは

「酒」

です。

酒は飲むと体が熱くなりますよね?
つまり、熱の性質があります。

お酒を飲みすぎて
吐き気、下痢があるときは
「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」
を服用してみてください。

また、梅雨の時期に
お腹をこわした場合にも
「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」
が使えます。

梅雨の時期をイメージするとわかると思いますが、
その季節はまさしく「湿熱邪」の季節です。


私がお腹の風邪でおすすめしたいのが

「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」です。

エントリーでポイント5倍!2/17(日)23:59まで【カネボウ】【クラシエ】クラシエ漢方 藿香正気散料エキス顆粒 45包(カッコウショウキサンリョウ)【胃腸型感冒】【第2類医薬品】



この処方もぜひ常備薬として置いておいて欲しいです。

この「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」は
夏風邪として有名です。

夏は暑いので、
どうしても冷たい食べ物、飲み物を多く取ります。
そのため、胃腸を冷やしすぎる傾向にあります。

またエアコン、扇風機で体を冷やしすぎて
寝冷えを起こして風邪をひくこともあります。

その時の出番が
この「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」です。

今回取り上げた

「五苓散(ごれいさん)」

ツムラ漢方 五苓散(ごれいさん) 24包【第2類医薬品】【5,250円(税込)以上のお買い上げで、送料無料!】



「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」

ツムラ漢方(1014)半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)エキス顆粒 24包(12日分)【第2類医薬品】




「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」

エントリーでポイント5倍!2/17(日)23:59まで【カネボウ】【クラシエ】クラシエ漢方 藿香正気散料エキス顆粒 45包(カッコウショウキサンリョウ)【胃腸型感冒】【第2類医薬品】




はどれも使い勝手が良い処方です。

ぜひ常備薬として薬箱に入れておくことをおすすめします!

そして最後に追加しますが、
風邪の漢方で有名な処方に
「葛根湯」
がありますが、
この葛根湯も
風邪の下痢に効果があります。

クラシエ葛根湯エキス顆粒S 12包入【第2類医薬品】



風邪を引いて下痢、腹痛があり病院へ行っても
なかなか症状が収まらず、漢方薬局で葛根湯を勧められたそうです。
すると、驚いたことに、
わずか3回の服用で便が硬くなりはじめ、腹痛も良くなったようです。

以前にもブログで書きましたが、
葛根湯は色々な顔を持っています。

ですから常備薬としては、
まず葛根湯を揃えておくことは絶対に必要と思います。

今回は以上になります。

それではみなさん、Happyな週末をお過ごし下さい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。