漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春節

みなさん、いかがお過ごしですか?

今日は日曜日、自宅でゆっくりリラックスしながら
自分の時間を過ごされていると思います。

今日は旧暦のお正月と言うことは知っていますか?

沖縄では地域によっては、旧正をお正月としてお祝いします。
中国や東南アジアでも旧正を盛大にお祝いします!

中国の正月を

「春節」

といいます。

かつては日本も“年越し”といえば、旧正月のことだったのですが、
明治維新後、政府が太陰暦を太陽暦に変えてから、元旦に正月を迎えるようになったのです。

広大な中国なので正月で食べるものも地方によって違います。

北京を含む中国北方の正月で食べるものは餃子
日本ではお節料理ですが、中国では北方では餃子なんですね。

ちなみに中国で餃子といえば水餃子のこと、焼き餃子は「鍋貼(ゴーティエ)」と言います。
残った水餃子を焼いて食べたのが、焼き餃子の始まりです。
e911d79b水餃子


この餃子は大晦日「除夕」から家族が集まって作ります。
年越しに餃子という習慣は明の時代ごろから始まりました。
この餃子の形が金子や銀子に似ていて縁起が良いからと言われています。

春節当日から5日間かけて餃子を食べるのが伝統的な習慣なのですが、
最近物質的に豊かになった北京など都市部では、毎日餃子だけを食べ続けるようなことはないようです。

次に、米を主食とする南方ですが、餃子の代わりに湯圓(タンユエン)を食べます。
湯圓とはトロッととろける餡子やゴマ、ピーナッツなどの具入っている白玉の団子の入ったスープです。
e0252497_12552779湯圓

満月のように丸く、銀元(昔のお金)のように白く、また発音が団圓(トアンユエン)に近いことから、家族団欒・幸せのシンボルとされています。

日本で正月の飾り付は「しめ縄」「門松」ですが、
中国の春節の飾りつけは、赤、黄、ゴールドをメインとした派手な飾りをします。
日本の正月の侘び・寂びを意識したものとは対照的です。

春節飾りの代表的なものは「福字」「春聯(しゅんれん)」などがあります。

「福字」とはその名のとおり、赤地に「福」と書いた飾り物で、家の門や壁に貼ります。
この「福字」逆さまに貼ることもあります。

20111213_40f85853f8a89264c65453EyxC11owYE福字

なぜかというと「倒」と「到」の発音が同じことから、「倒福(福が逆さま)」=「到福(福が訪れる)」の意味を表すからです。

鳥のフクロウも漢字で福楼と書き、
「福」の字は上下逆さまに書くことがあります。
これも中国語で「逆さまの福」の読み方が、「福が来る」の読みとまったく同じため、
福の字を逆さまにする=福が来るで縁起 がよいとされています。

また「不苦労」「福朗」と掛けてることで縁起を担いだり、
首がぐるっと回ることから、見通しが利く=商売繁盛の意にもなるようです。

縁起物のフクロウの話が出たついでですが、
闇を支配すると言われているドラキュラで有名なコウモリですが
中国語では「蝙蝠」と書きます。
この「蝠」の字は「福」と同義で、
「変福(福に変わる)」と発音が似ていることから
長寿で福を呼ぶ動物と考えられていました。

ちなみに、コウモリの糞は漢方薬で
「五霊脂(ごれいし)」といいます。名前からして霊力がありそうですよね。

縁起物として、フクロウ、コウモリと来ましたが
金魚も縁起物として有名です。

中国語で「金余(お金が余る)」「金如(お金が意のままに)」と同じ発音で
金運を招く魚として信じられています。
風水では「動きのある水=活水」が金運を促すといわれており、
「金魚が水を動かす」ということは風水的にも金運アップにつながるようです。

春節飾りの続きですが、
春聯(しゅんれん)は対句の一種で、家の門や入り口に貼ります。

chunlian1.jpg


そこには新しい年を祝い、豊年を祈り、商売繁盛、人が健康であることを祈る言葉などが書かれています。

春節の夜は、町のあちこちで爆竹や花火が上がります。
中国では古くから魔よけなどとして、年越しの晩に爆竹を盛大に鳴らし、
花火を楽しむ習慣があるのです。
新年を迎えると、町中の人々が一斉に爆竹や花火を打ち上げ始めて祝います。

中国にも日本のお年玉と同じような「圧歳銭(ヤースイチェン)」というものがあります。
91225132圧歳銭

中国において年女・年男は厄年にあたり、春節から一週間は全身赤い服を着て、
外出せずに過ごすという風習があります。
時代と共にこれを守る人も減ってきましたが、特に重要視されている赤い靴下だけは履くようです。

中国=赤というイメージが強く、
赤=共産党という風に考えてしまいますが、
赤色にはおめでたい、縁起物としての赤という意味も込められているようです。
chinany003春節
それでは、みなさん旧正の日をHappyにお過ごし下さい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。