漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至の養生

メリークリスマス!

今日はクリスマス・イヴですね。

みなさんはどのような予定ですか?

最高の場所で、最高の料理と音楽に囲まれて、
最高の時間を過ごす!

プレゼントよりも同じ時間、空間を家族、仲間で過ごすことが
一番の幸せだと思います。

今日はケーキとシャンパンでお祝いですね!

そう言えば、先週の金曜日は何の日だったか分かりますか?

一年で最も昼の時間が短い日でしたね。

「冬至」
でしたね。

昔から冬至には
かぼちゃこんにゃくを食べて柚子湯に入るんですよね。

かぼちゃを食べるのには、脳卒中(漢方的に言うと中風)や風邪を引かないとか
色が黄色なので金運を祈願する意味があるようです。

こんにゃくを食べるのは一年間たまったの砂下ろしをするためと言われています。

そしてゆず湯は、風邪の予防に効果があるといわれています。
寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。
また、ゆず湯は、ひび、あかぎれ、風邪の予防になります。

調べて分かったことですが
冬至に「ん」のつく食品を食べると幸運が得られるという言い伝えがあります。

冬至の七種は「ん」が2つつくもので
「なんきん(かぼちゃ)」
「にんじん」
「れんこん」
「ぎんなん」
「きんかん」
「かんてん」
「うんどん(うどん)」でこれらを食べると病気にかからず、
うどんは運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するといわれています。

そして冬至は悪運リセットの日でもあります。

冬至は「一陽来復」の日でもあり、転じて悪いことばかり続いたあとでも、
ようやく幸運に向う日とされます。

「冬至」は詩人の杜甫が「小至」で詠ったように

「冬至 陽生じ 春又た来る」

天地に新しい「気」が生まれる日なんですね。
そのため、幸運に向かう日と言われていると思います。

沖縄では来月に桜が開花しますよ。つまり、春はすぐそこまで来ています。

「気」の巡りを良くする柚子湯に入って美味しいかぼちゃを食べ「気」
を養ったほうがいいですね。

冬至に関する言葉として

「冬至に天気がよければ翌年は豊作」

「冬至に雷が鳴れば雨が多い」

「冬至に南風がふけば地震・日照り・大雨」

「冬至に雪が降れば豊作」という言い伝えも残っています。

豆腐を食べたり小豆粥を食べる地方もあるそうです。


みなさんの地域では何を食べますか?

北海道では、かぼちゃに餅を入れて食べていた記憶があります。

これからは寒さが厳しくなりますので
かぼちゃや大根、ゴボウなどの根菜類を食べて
体を温めて風邪、インフルエンザの予防をしてくださいね。

今日、まぐまぐのメルマガを発行しました。
興味のある方は登録して読んでみてください。
今回は中国医学の特徴について書いています。
「まぐまぐ」のホームページから「lifestyle management」と
検索してもらえると登録できます。

それでは、みなさん素敵なクリスマス・イヴをお過ごしください!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。