漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梨と漢方

ボンジュール!
みなさん、12月になりましたね。


いかがお過ごしですか?

今月は楽しいイベントがあると思います。
忘年会、クリスマス、お正月・・・・
ワクワクしますね。

寒くなっていますが、体調管理は大丈夫ですか?
風邪を引く前の対策が大切ですよ。
引いてしまったら、漢方薬を服用して
汗をかくようにしてくださいね。

風邪の漢方薬についてはメルマガで紹介していますので
ぜひチェックしてください。
「まぐまぐ」のホームページから「lifestyle management」と
検索してもらえると登録できます。

最近、食卓に秋の果物がならんでいます。
中でも、大好きなのは



です。

それも

ラ・フランス

です。

普通の梨とは違って、やわらかく甘みが強いですね。あの香りも大好きです。
シャキシャキ感の21世紀、新興もいいのですが、
甘みと食感ではラ・フランスがいいです。

このラ・フランスは、フランス原産の洋なしで

果物の女王

と呼ばれています。

山形県の天童市が全国一位の生産を誇っています。

この梨は、そのまま食べるのもいいのですが
ゼリー、パイなどスイーツにすると、より美味しいですよね!

実はラ・フランスを含めた梨は、漢方薬になります。

生薬の辞典で調べてみると

「生津、潤燥、清熱、化痰」

と書いています。

つまり、

津液を増やして(身体の潤い成分を増やし)乾燥を防ぎ、
身体のほてりや咳や痰を取り除く効果が期待できます。


秋から冬は空気が乾燥し、肌荒れ、のどの乾燥、空咳がおきやすくなります。

体から水分が奪われやすくなる季節なので、
積極的に梨を食べたほうがいいです。

特に風邪を引いて空咳、のどの痛みがあるときは
梨を摩り下ろして食べたほうがいいですよ。

ただし、梨は体を冷やす効果があるので
あまり食べすぎないで下さい。

特に冷え性の人は、梨で体を冷やしてしまうので
気をつけてくださいね。

梨は肺の調子を整える効果があるのは分かったと思います。
また、肺に効果があるということは
大腸にも効果があるのです。

つまり、肺を潤すことで大腸も潤って便秘が改善します。

漢方では肺と大腸は一つのペアと考えます。

このへんの詳しい内容は、まぐまぐのメルマガで書いていこうと思います。

みなさん、これから本格的な冬に入ってきますので
体調管理に十分気をつけてください!

それでは、Happy☆lifeをお過ごし下さい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。