漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の副作用

みなさん、いかがお過ごしですか?

週の始めの月曜日は、気分が乗らない一日かもしれませんね。

私は昨日のサーフィンで両腕が筋肉痛で辛かったです。

仕事から帰ってきて、TVをつけると
NHKの「クローズアップ現代」が放送されていて
とても興味深い内容でした。

その内容は

「薬の副作用」
です。

みなさんはご覧になりましたか?

市販の風邪薬を服用して
重篤な副作用を発症したケースが放送されていました。

その重篤な副作用というのが

「スティーブンス・ジョンソン症候群」
略して
「SJS」

この副作用はきわめてまれで
年間人口100万人あたり1~6人です。

この副作用に似たもので
「中毒性表皮壊死症(TEN)」

という副作用もあります。
このSJSもTENも重篤な皮膚障害を起こします。

初期の症状が高熱、目の充血、喉の痛み、赤い発疹が現れます。
この症状が、水疱瘡、はしか、ヘルペスなどと似ているため誤診されて
気がついたときには重篤化するケースがあるようです。

SJSもTENもまれであるため、
副作用なのかどうか判別するのが難しいようです。

これらの副作用は
風邪薬
抗生物質
解熱鎮痛剤
など、さまざまな薬で起こる可能性があります。

もちろん市販の薬でも発症する可能性があります。

調剤薬局や病院で処方される薬に関しては薬剤師によって
副作用のチェックが可能ですが
市販の薬に関しては、副作用の管理が行き届いていません。

番組では市販の風邪薬を服用して
SJSに至ったケースが紹介されいました。

過去に、抗生物質などで副作用の経験がある場合は
市販薬を購入する場合でも、薬剤師に必ず相談してください。
また、現在服用している薬があれば、そのことも薬剤師に伝えることが重要です。

市販薬による服用も重要ですが
薬の飲み合わせによる副作用も重要だからです。

今は薬局などでお薬手帳というものを発行してくれるので
定期的に通院して薬を処方してもらっている場合はお薬手帳に記入してもらい、
ドラックストアで薬を購入する場合もお薬手帳を見せるようにして下さい。

これは、健康食品、サプリメントを購入する場合も同じです。

健康食品、サプリメントだから安全とは限りません。
健康食品・サプリメントと薬の相互作用が問題にある場合があるからです。

有名なのは

クロレラ

セントジョーンズワート

などがあります。

なにも、クロレラ、セントジョーンズワートが悪いのではなく
ある薬との相互作用で問題になる場合があるということです。

また、漢方薬でも副作用が起きます。

「漢方は安全性が高いから副作用がない」

と思っている人が多いですが
これは誤解です。

漢方薬でも副作用はあります。

薬というものは、必ずいい面、悪い面があります。
いい面だけの薬というものはありません。
つまり、副作用のない薬はありません。

薬というのは異物ですから、
身体にとっては害になるものです。
しかし、必要な時に必要なだけ薬を使うことにより
症状を改善できるわけです。

漢方は身体にいいから、漫然と長期に服用するのも良くないです。
きちんとした診断的理由があって服用するのは問題ありませんが、
ただ健康にいいからといって気軽に薬を服用し続けるのも問題です。

病院を受診する場合、またはドラックストアで薬を購入する場合は以下の点に注意して下さい。

①薬には副作用が必ずあることを理解して下さい。漢方薬も薬です。

②アレルギー暦があれば医師、薬剤師に報告して下さい。


③現在服用中の薬、サプリメント、健康食品があれば、医師、薬剤師にお話ください。そして、お薬手帳を活用して下さい。

④市販薬、病院の薬を服用して高熱、発疹、喉の痛み、目の充血など体調が悪くなった場合は服用中止してすぐ受診して下さい

以上の4つの項目を守るように心がけてください。

薬はクスリと読み、逆から読むと「リスク=危険」ですよね。
リスクがあるから薬であり
薬であるからリスクがあります。
以前、物事には必ず二面性があるといいましたが
薬についても同じことです。

これからは、薬と上手につきあって
自分自身の健康管理に役立ててください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。