漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立冬と養生

ボンソワール!
今日も一日充実していましたか?

今日は「立冬」ですね。

今日から本格的な冬が始まります。
細かく言うと、立冬は24節気のうちの19番目です。

みなさんは、この24節気は全部いえますか?

私も部分的にわかりますが、すべてとなると難しいです・・・・

立冬から立春までが冬なので、
これからは、「寒さ対策」をしなければいけませんね。

漢方をはじめてからは、季節の変化に対して敏感になりました。
そして、毎日の天気、気温、湿度もチェックするようになりました。

人は人だけで存在するのではなく、自然環境の中で生活しています。
つまり、自然環境の影響を受けているわけです。

女性にある生理周期が月の満ち欠けと関係していることは知っていますよね。

普段、何気なく生活していますが、身体は環境の影響を敏感に受け止めています。
どういった環境の変化を受けているのか、もっと体の声を聞く努力が必要です。

私も体の声に耳を傾けるようになったのは漢方をはじめてからです。

今日から冬が本格的にスタートするということは、
「体が冷えすぎないように暖をとる」
ことが重要です。
「な~だ、そんなの知っている」というかもしれませんが、
これが大原則です。

暖める箇所は三箇所あります。
「頭」
「背中」
「足」

頭、特に首を冷やすと風邪、インフルエンザにかかりやすくなります。
首の後ろ、うなじあたりに「風池」というツボがありますが、ここを冷やすと風邪を引きやすくなるので
マフラーをして直接、首に冷気を当てないようにしてください。

そして、冷やすといけないツボが背中にもあります。
それが「風門」
です。文字通り、風邪が入ってくる門ということです。
風邪を引いて背中がゾクゾクした経験があると思いますが、
そのとき、「風門」をドライヤーかカイロで温めるのが大事です。
詳しいツボの位置は下記のページを参照にしてください。
風池、風門のツボ

東洋医学では、風邪は「風門」から入って「風池」にたまり「風府」にあつまってこじらせると言います。

ですから、これからの季節は、この3つのツボを冷やさないようにして、風邪かなと思ったら
ツボをカイロ、ドライヤーで温めてください。温めるときは皮膚が熱くなるくらいに温めてください。

最後に足を冷やさないようにしてください。
冷えは足元からも進入してきます。特に「足首」を冷やさないようにしてください。

「3つの首」を冷やさないことです。
つまり「首」「手首」「足首」の3つです。
ここは、血管が皮膚の付近を通っているため、熱が放出されるところです。
夏は、この「3つの首」を開放して、身体にたまった熱を出し
冬は、「3つの首」を隠して、身体から熱が逃げないようにします。

1年中、この箇所をオープンにしていると、冷え性になってしまいます。
冷え性になると、当然、抵抗力も弱り風邪を引きやすくなります。

このブログを読んでくれたみなさんは、今年の冬は怖くないですね!

「3つのツボ」
「3つの首」

がポイントです。

それでは、体を冷やさないようにHappy lifeをお過ごしください!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。