漢方でHappy Life

古くて新しい漢方の知恵がみなさんの健康の支えになります。これからは自分の健康は自分で守る時代です。そのような時代だからこそ漢方は心と体のケアに役立てると思います。このブログを通して漢方の世界に触れ、みなさんの生活に幸せをもたらすことを祈っています。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国映画(2)

みなさん、週末はどのようにお過ごしですか?
沖縄は、またもや台風の接近で雨が降っています。
今年は、本当に台風が多いですね・・・・

雨で外で遊べないときは、お家でDVDを見たり
小説を読んだりして楽しめますね。

前回、中国映画でチャン・イーモウ監督の作品を紹介しましたが
みなさんは見てみましたか?

「初恋の来た道」で涙しましたか?

ぜひ、みなさんの感想を聞かせてください!

今回は、中国映画監督でもう一人好きな人がいます。

その人は「チェン・カイコー」です。

この監督の作品でお勧めは
「さらば、わが愛/覇王別姫」
「黄色い大地」
「北京ヴァイオリン」

この監督は「さらば、わが愛」で有名になりました。
「覇王別姫」とは、四面楚歌で有名な項羽と虞美人を描いた京劇作品のことです。

みなさん、京劇は知っていますか?
中国の伝統的な古典演劇である戯曲のことで、中国版オペラです。

派手な化粧と衣装で、声もかん高く
初めて見たときには、インパクトがありました。

映画を見ることは文化を知ることですが、
この映画で京劇を知ることができました。

中国映画で出てくる時代背景として

「文化大革命」があります。

毛沢東の時代です。

中国にとっては、文化大革命の前後で大きな価値観の変化がありました。

「贅沢は敵で勤労がすばらしい」として裕福で金持ちの家が弾圧され、紅衛兵という組織が結成され
若者は農村に送られた時代でした。また多くの人が殺戮にあいました。

他に、中国の事件として有名なのは

「天安門事件」ですね。これは民主化を求めるデモ隊が起こした事件ですね。

映画は決して現実から離れた出来事ではなくて、しっかりと時代の心を映して描かれています。

みなさんも、映画を見て「おや?」と思ったときは
ぜひ、中国の歴史を紐解いてみてください。
そうすると、何倍も映画が面白くなります!

それでは、みなさんHappy lifeをお過ごしください!

また、みなさんからの温かいコメント待っていま~す!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
プロフィール

加藤悟

Author:加藤悟
読むだけでリラックスできる漢方的ブログです。
ホット一息つく時間のお供に、私のブログはいかがですか?東洋医学的立場から日常生活で役立つ情報を発信していきたいと思います。
出会ってよかったと思えるヒントがここに隠れています。

リンク
RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。